下請法ガイドライン想定例 買いたたき(追加発注等に関する価格取り決め)

関連法規等に関する留意点

追加発注分の生産原価は、初回発注時よりも発注が少量であることが多いため、一般的に初回発注時の原価より高くなりがちである。下請法の適用対象となる取引を行う場合には、親事業者が一方的に初回発注時と同じ単価(この単価は少量の追加発注分を製作する場合の通常の対価を大幅に下回るものである。)で、下請事業者に対して少量の追加発注を行うと、下請法第4条第1項第5号の買いたたきに該当するおそれがある。

(想定例)

・ 初回生産終了後の追加発注分について、生産コストが初回発注分を大きく上回る状況となり、親事業者から新たに見積りの依頼がなかったために下請事業者から単価の値上げを求めたにもかかわらず、親事業者は、下請事業者と十分に協議することなく、一方的に従来通りの初回発注段階を前提とした単価を据え置いた。

望ましい取引慣行、具体的なベストプラクティス(PDF)