経済産業省は、日本の産業が目指す姿として「Connected Industries(コネクテッド・インダストリーズ)」を提唱しています。様々なつながりによって新たな付加価値の創出や従来、独立・対立関係にあったものが融合し変化することで新たなビジネスモデル誕生の可能性が広がります。

  拡大を続けるECビジネス等、リアル店舗からデジタルへとビジネスモデルを変化させる動きは顕著です。

  今後、新たなビジネスモデルが生まれる可能性も踏まえて、IoTに特化しその理解を深めることを目的に、専門家からレクチャーを受ける「情報化勉強会(仮称)」を立ち上げました。この勉強会では「コネクテッド・インダストリーズ」の推進にも焦点を当て、新たに必要となる可能性もある「情報の共有化(標準化)」についても検証し、次のステップに繋げていきたいと考えています。

活動報告