平成19年10月に「取引ガイドライン第二版」が策定されてから10年の年月が経ちました。ビジネスモデルや商習慣も時代に対応しながら変化しています。

平成29年3月、日本繊維産業連盟と協同で策定した「繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」を踏まえ、TAプロジェクト事業として「ガイドライン検討分科会」を立ち上げます。

分科会では、「ガイドライン」の業務条件項目、情報共有項目の内容を再度精査し、より時代に対応した新たな「取引ガイドライン第三版」の作成に向け検討を進めます。

活動報告

2017年7月19日 第1回取引ガイドライン検討分科会開催報告

2017年8月24日 第2回取引ガイドライン検討分科会開催報告

2017年9月29日 第3回取引ガイドライン検討分科会開催報告

2017年10月26日 第4回取引ガイドライン検討分科会開催報告