取引ガイドライン説明会

当協議会では繊維産業の全体最適を目指した適正取引の取り組みを進めております。本年度は、その活動の一つとして、関連業界団体と協力し、産地を中心とした傘下の組合に働きかけ「取引ガイドライン」説明会を実施しています。特に、産地間では基本契約書の締結を進めている企業が少なく、取引上の問題が起きたときには身を守ることが出来ていない事例が散見しておりました。

このようなことから、「取引ガイドライン」の考え方を理解してもらうことや「基本契約書」の重要性を理解していただくための説明会を来年2月末まで全国の産地で開催することにしております。

本年度は既に、レディースユニフォーム協議会、桐生織物協同組合、十日町織物工業協同組合、西陣織工業組合、富士吉田織物協同組合で説明会を実施いたしました。

説明会参加者からは「基本契約書締結の重要性を知った」「トラブルの事例もありわかりやすかった」などの声もありました。これからも、引き続き関連団体を通して全国の組合に参加を呼びかけています。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
富士吉田織物協同組合説明会(日本絹人繊織物工業組合連合会提供)

富士吉田織物協同組合説明会(日本絹人繊織物工業組合連合会提供)

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
西陣織工業組合説明会(日本絹人繊織物工業組合連合会提供)

西陣織工業組合説明会(日本絹人繊織物工業組合連合会提供)

[/wc_column][/wc_row]