繊維産業流通構造改革推進協議会 (繊維ファッションSCM推進協議会)
  • FISPAとは?

    FISPAは、SCM推進のための基盤設備の推進、SCMに関する情報交換、普及・PR活動、調査研究等の事業を行い、繊維ファッション産業界の創造的発展に努めております。
  • 入会案内

  • 取引相談室のご案内

    様々な取引に関する問題について解決を図るため、取引相談室を設けました。この取引相談室は業界団体を通してお受けすることを原則としますが、直接、何方でも相談することができます。
    TAプロジェクト「基本契約書」締結窓口責任者について
  • 聴き取り調査報告書

    「TAプロジェクト取引ガイドライン」に基づいた基本契約書の締結と、実行状況について「経営トップ合同会議」参加企業へ聴き取り調査を実施しています。
    TAプロジェクト「基本契約書」締結窓口責任者について
  • 取引相談室のご案内

    取引ガイドライン第2版(VER.1)

TAプロジェクト取引とガイドラインについて

国が策定した「繊維産業における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」として認められています。

PDFファイル 繊維産業における下請適正取引等の推進のためのガイドラインについて

経済産業省は当協議会のまとめた「TAプロジェクト取引ガイドライン」について、不透明で問題の多かった取引慣行を改善するとともに、生産性の向上を目的としており、産業の競争力の強化に資することやその実効性を高く評価しています。


「TAプロジェクト取引ガイドライン」は、 取引を行う上で「下請法」「独占禁止法」や「企業の行動指針」の遵守 及びCSR(企業の社会的責任)」の推進、 企業価値の向上のための具体的な実行策です。

「TAプロジェクト取引ガイドライン」で推奨する基本契約書(例)

基本契約書では「情報共有を通じた協同活動により、SCM全体の利益の拡大を目標とし、その目標達成に向けて、双方共に相互の経済効率を高め、最終消費者を満足させるよう最大限努力する」ことを確認し合意する内容を盛り込むことが必要です。

「基本契約書」の条項に「繊維産業流通構造改革推進協議会が取り決めたTAプロジェクト取引ガイドラインを遵守する」と一項を記載してください。いくつかの契約書例を掲載しますので、下記リンクよりご確認ください。

「TAプロジェクト取引ガイドライン」で推奨する基本契約書(例)

  • English
    関連リンク
    メールマガジン
    下請法ガイドライン想定例
  • TAプロジェクト活動報告
    「経営トップ合同会議」のワーキンググループであるTAプロジェクトの活動についてご報告します。
  • FISPA便り
    FBフォーラム代表聖生清重氏(元日本繊維新聞社編集主幹)にご協力いただき、繊維ファッション産業界のさまざまなことについてエッセイをご紹介しています。
  • SCM統一伝票のご注文
    SCM統一伝票はFISPA(繊維産業流通構造改革推進協議会)が主催する「経営トップ合同会議」で策定したもので、この名称・フォーマット及びそれに類する管理運営等についての権利はFISPAに帰属します。

© Copyright 2002-2016 繊維産業流通構造改革推進協議会(FISPA) All Rights Reserved.